Quality of Life 真のゆたかさを感じる住まいを徳島で実現するなら青木建設

株式会社 青木建設|徳島の注文住宅からリノベーションまで > スタッフブログ > 屋根瓦の改修

2017.04.26 | スタッフブログ

屋根瓦の改修

屋根瓦をご紹介します。

立平葺き

最近 新築などでは、メンテナンスがしやすく 耐震などの事を考えると

ガルバ鋼板のカン合縦平葺きをおススメしていますが、

リフォームとなると、建物のおもむき等もあり 瓦屋根と考える事もあります。

日本瓦屋根

日本瓦が重いのは、旧家の屋根などの丸平瓦(土葺き)は、100㎏/㎡ですが、

近年の和型(桟瓦葺き)では、65㎏/㎡となってきてます。

又、大棟などを高く何段も積む事で重量が増してくるので耐震改修の際は、要注意です。

最近の瓦の葺き替えでは、棟瓦かすっきりした1段の平板瓦をおススメしています。

平板瓦は、40㎏/㎡と昔のS型セメント瓦より軽いのと、陶器瓦なので、塗り替えのメンテナンスがいりません。

DSCN3042DSCN3071DSCN3181

屋根瓦の比較が、あったのでご紹介します。

屋根材比較

瓦の種類やメーカー仕様によっては、違う点がありますが、参考に見てください。 kura

※ご予約制となっておりますので、事前にご予約をお願い致します。※イベント開催等で家づくり相談会をお休みさせていただく場合があります。御了承お願いします。

お家のメンテナンスQ&A

お家を建てた後の「困った!」「どうしたらいいの?」にお応えします。