Quality of Life 真のゆたかさを感じる住まいを徳島で実現するなら青木建設

株式会社 青木建設|徳島の注文住宅からリノベーションまで > スタッフブログ > 勝手口に手摺を取付

2019.10.04 | スタッフブログ

勝手口に手摺を取付

勝手口の階段に手摺を取付る事になりました。

今回施工した階段は、ブロック下地のモルタルを打設した踏み段だったので、

柱の位置を出来るだけ外に出したいのですが、今回は、強度も考えて90㎜控え 柱芯と決めました。

柱の削孔は、小さめのキリから始め40Φまで3段階に太くし開けました。

柱の建て込みは、速乾性のコンクリートボンドを使用。

垂直を調整し、連続手摺の芯材を取付

コンクリートボンドの硬化を確認し、柱の足元を整え

樹脂製の手摺カバーを取付けて完成です。

既設のコンクリート下地の状況によりますが、半日の施工時間で即日から手摺を使用できます。

T・Kura

完成見学会 住まいセミナー 家づくり相談会
資料請求 お家のメンテナンス
「いい家」をつくるための本当に大切なこと