Quality of Life 真のゆたかさを感じる住まいを徳島で実現するなら青木建設

株式会社 青木建設|徳島の注文住宅からリノベーションまで > スタッフブログ > 地震時の通電火災を防ぐために。

2018.09.07 | スタッフブログ

地震時の通電火災を防ぐために。

こんにちは。

北海道で最大震度7という、大きな地震がおきました。

大地震が発生すると、今回のように広範囲で停電が発生する可能性が高いと思われます。

このときブレーカーを落とさずに外へ避難してしまうと・・・

電気が復旧した際に地震で倒れていたり、家具の下敷きになっていた電気製品が再び作動し、これが火元となって火災が起こります。これが「通電火災」です。

地震による火災の半数以上は「電気」が原因の通電火災と言われています。「感震ブレーカー」を設置しておくと、不在時やブレーカーを切って避難する余裕がない場合の火災予防に効果的です.

主な感震ブレーカーには3種類のものがあります.

①分電盤タイプ

分電盤に内蔵、もしくは外付けされたセンサーが揺れを感知して自動的にブレーカーを切ります。

②コンセントタイプ

コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し,コンセントからの電気供給のみを遮断します。

③簡易タイプ

ホームセンターや家電量販店で購入可能で、電気工事が不要。取り付け方により効果が得られない場合があります。

感心ブレーカー2 徳島県では平成30年度より住まいの耐震改修と同時に分電盤タイプの感震ブレーカーを設置する場合に補助金の上乗せ支援を行っています。(支援内容は市町村によって異なります)

こちらも併せて青木建設にご相談くださいませ!

感震ブレーカーの実演の様子です(徳島県チャンネルより)感震ブレーカー実演

※ご予約制となっておりますので、事前にご予約をお願い致します。※イベント開催等で家づくり相談会をお休みさせていただく場合があります。御了承お願いします。

お家のメンテナンスQ&A

お家を建てた後の「困った!」「どうしたらいいの?」にお応えします。