Quality of Life 真のゆたかさを感じる住まいを徳島で実現するなら青木建設

株式会社 青木建設|徳島の注文住宅からリノベーションまで > スタッフブログ > スマートウェルネス調査 その③

2019.03.12 | スタッフブログ

スマートウェルネス調査 その③

【スマートウェルネス調査】~得られつつある知見~

その③ 断熱改修後に居住者の起床時の最高血圧が有意に低下。

断熱改修を行った前後に2回測定を行った居住者と、断熱改修を行わずに2回測定を行った居住者の血圧変化量を分析すると、断熱改修を行ったあとに起床時の最高血圧が3.5㎜Hg、最低血圧が1.5㎜Hg低下している、という結果が得られました。

厚生労働省は「健康日本21(第二次)」で、40~80歳代の国民の最高血圧を平均4㎜Hg低下させると、脳卒中で死亡する人が年間1万人、冠動脈疾患で死亡する人が年間5千人も減少すると推計しているので、断熱改修によって最高血圧が有意に低下したという今回の調査はこれからの家づくりを考えるうえで大きな指針になると考えられます。

※ご予約制となっておりますので、事前にご予約をお願い致します。※イベント開催等で家づくり相談会をお休みさせていただく場合があります。御了承お願いします。

お家のメンテナンスQ&A

お家を建てた後の「困った!」「どうしたらいいの?」にお応えします。